トップページに戻る

NEWS ニュース

2022年10月3日

冷凍・冷蔵品の無人受け取りサービスの実証実験を開始しました!

「受け取り用冷凍・冷蔵ロッカー」は、受け取り専用の冷凍・冷蔵機能を有したロッカーで、ECサイトで購入した生鮮食品や、宅配事業者が配達する冷凍品・冷蔵品を、Tsunashima SST内のマンションに設置されたロッカーで受け取りすることが出来るようになります。

 

コロナ禍で需要が高まった非対面食品受け取りへのニーズ対応や、新鮮な農産物・海産物・畜産物の新たな販売機会の創出、宅配事業者の冷凍・冷蔵品の再配達解消を目指します。

 

今回の実証実験では、住人の皆様からご意見や改善点をご指摘いただき、より良いサービスを目指してまいります!

 

※「受け取り用冷凍・冷蔵ロッカー」は、マンションにお住まいの住人さんのみが利用できますが、ECサイトでの商品の購入は、近隣住民の皆様にもご利用いただけます。

 

■実証内容

主体:パナソニック産機システムズ株式会社

期間:2022.11.1~2023.4末(予定)

 

■受け取り用冷凍・冷蔵ロッカー実証実験の詳細についてはこちら

https://news.panasonic.com/jp/press/jn220930-1

 

2022年9月22日

企業と学生さんの意見交換会を行いました!

Tsunashima SST まちづくり運営協議会のメンバーである、大林組、ENEOS、野村不動産、サンオータス、パナソニックと、慶應義塾大学 綱島SST国際学生寮に住む学生さんとの意見交換会を行いました。

 

各企業がTsunashima SSTで取り組んでいることや、慶應義塾大学 綱島SST国際学生寮の情報共有を行い、互いの理解を深めた後は、Tsunashima SSTのまちをさらに良くすべく、活発なディスカッションを行いました。

 

実際にまちに住んでいる学生さんの意見や、学生さんらしい斬新なアイデアを聞けたことは、各企業にとっても貴重な機会となりました。

 

産学連携に繋げる機会として、Tsunashima SSTは引き続きこのような取り組みを続けていきます!

 

 

2022年6月27日

SCIMに “防災”コンテンツが加わりました

Tsunashima SSTでは、まちの情報プラットフォームSCIM(エスシム)を活用し、安心で快適な生活をサポートするサービスを提供しています。

この度、昨年度実施した住人のみなさまへのアンケート結果をもとに、 “防災コンテンツ“を追加しましたので、ぜひご活用ください。

 

【SCIM-防災コンテンツ】

 

 

 

防災コンテンツでは、周辺地域の避難所やハザードマップなどをまとめて掲載している他、非常時には鶴見川の水位情報(危険度)をプッシュ通知することも可能です。また、Tsunashima SSTに設置されている「防災トイレ」や「かまどベンチ」の場所や使い方なども、わかり易く掲載しています。

周辺地域の方々にもお使いいただける情報を掲載しておりますので、いざという時に困らないよう、SCIMを活用して日ごろから防災意識を高めましょう。

 

 

■SCIMへのアクセスはこちら(スマホ、タブレット、PCいずれも可)

 

【URL】https://tsst.scim-service.jp/#/   

 

【QRコード】

 

【SCIM-メインメニュー】

2022年5月24日

綱島SST、新しいシェアサイクルサービスが始まりました!

さて、4月から新しくなったTsunashima SSTのシェアサイクル🚲

 

大変ご好評いただいております!

TsunashimaSST~日吉駅周辺までのご利用も大変多くいただいております!

 

このサイクルシェアはハローサイクリングのシステムを使用しておりますので、

新横浜方面はもちろん、武蔵小杉方面や都築方面

ハローサイクリングのポートであれば、どこでも乗り捨てが可能なことが特徴です!

様々なご利用方法ができる便利なシェアサイクルとなっております😆

 

ご利用料金:最初の30分130円/以降15分100円/12時間まで1,800円/の繰り返し

TsunashimaSST内 設置場所:アピタテラス綱島店前、慶応義塾大学国際学生寮前

 

アプリのダウンロードはこちらから!

 

iPhoneの方はこちら 

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hellocycling.hellocycling&hl=ja&pcampaignid=MKT-Other-global-all-co-prtnr-py-PartBadge-Mar2515-1

 

Androidの方はこちら

https://apps.apple.com/jp/app/hello-cycling-%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%A7%E3%82%82%E5%80%9F%E3%82%8A%E3%82%8C%E3%82%8B%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2/id1216653677

 

Tsunashima SSTのポートイメージ     日吉駅のポートイメージ

 

 

 

2022年3月18日

綱島SST見学ツアー休止のお知らせ

現在実施しております綱島SSTの見学ツアーは、ツアーリニューアルのため、2022年3月末をもって一旦休止させていただきます。

見学ご希望の方は、お早めにお申し込みいただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

■見学ツアーの申し込みはこちらから

≪予約方法≫

 ※予約状況は営業日ベースの前日の状況を表示しています。
  空きと表示されている場合でもご期待に沿えない場合がございます。

 

 見学ご希望の方は、法人名、見学目的、見学希望日を記載の上、
 下記のアドレスにご連絡ください。
 ツアーデスク: tour@tsunashimasst.com

 

 

※ツアーデスク窓口は水・木・金09:00~17:30までの営業です。
  営業時間外・月火及び土日祝・ツアーデスク休業日に頂いたお問い合わせの
  返信にはお時間をいただいております。

2021年12月22日

小型EVシェアリング実証サービスが始まりました!

慶応義塾大学 綱島SST国際学生寮前から、EVシェアリングサービスの超小型EVに乗ることができるようになりました!

実証期間は2月28日迄となります。

シェアリングに使用される車両は、『FOMM ONE』という車両で、世界最小クラス4人乗りの電気⾃動⾞です。

綱島SSTから出発して、そのまま綱島SSTに戻ることもできますし、

新横浜方面の3ステーションに乗り捨てすることも可能です!

お手持ちのスマートフォンアプリで貸し出し、アプリ内クレジットカード決済です。

 

【EVシェア Tsunashima SST ステーション】

ステーション情報はこちらよりご覧ください。

世界最小の電気自動車をぜひご体感ください。

 

【アプリダウンロードはこちらのQRコードから】

【実証サービス情報】

配置台数 : 小型EV ”FOMM” 3台

配置拠点 : 港北エリア4ステーション

料金 : EVシェア 15分220円 (スマートフォンのアプリ内で、クレジットカード決済となります。)

実施期間 : 2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)

必要免許 : 普通自動車免許 (AT限定可)

 

運営会社 : 株式会社サンオータス 神奈川県横浜市港北区2丁目4番15号 太田興産ビル8F

お問い合わせ先:☎:045-620-6997  (平日 9:00~18:00 ※年末年始休業期間:12月29日~1月3日)

 

2021年12月2日

“かまどベンチ”と”防災用トイレ“の使い方についてご紹介しました

住人さんに実施したアンケートで、ご関心のトップが「防災」「安心安全」であったことを受け、

11月20日、住人さんや従業員さん向けに、まちの災害対策の設備の使い方についてのご紹介をいたしました。

 

綱島SSTには、災害用設備として、アピタテラス綱島(ユニー)の敷地に、8台の“かまどベンチ”と5台の”防災用トイレ“が設置されています。

当日は、住人さんや従業員の皆さんにご参加いただき、もしもの状況に備え、組み立ても体験していただきました。

 

綱島SSTでは、非常時には住人さんが主体となって防災設備を組み立て、地域貢献するまちづくりを目指しています。

 

 

 

【防災用トイレの組み立て方】

スツールの座面をはずし、便座付きの蓋を取り付け、テントをかぶせると、防災トイレとして使えます。

 

 

 

 

【かまどベンチの組み立て方】

ベンチの座面を外すと、かまどとして使えるようになります。

 

 

 

 

 

【11/20当日の防災用トイレの組み立ての様子】

 

 

 

 

 

 

 

2021年10月29日

綱島SST見学ツアーをリニューアルしましたので、ぜひお越しください

昨今、脱炭素社会の実現に向け、新時代のエネルギーとして水素が注目されています。Tsunashima SSTでは、ENEOS㈱、ホンダモビリティソリューションズ㈱、パナソニック㈱がの3社が協力し、水素を活用した取り組みを推進しています。

 

【Tsunashima SSTにおける水素の取り組み】

 

①パナソニック㈱

パナソニック㈱が開発した、高純度の水素と空気中の酸素との化学反応で発電する“業務用純水素型燃料電池”により、電気を発電し、隣接するENEOS㈱の水素ショールームに電力を供給しています。Tsunashima SSTは、業務用純水素型燃料電池が実際に稼働し、電力を供給している所を見られる唯一の場所となっております。

 

 

②ENEOS㈱

ENSOS㈱が運営する水素ショールーム“スイソテラス”では、水素に関する情報を発信しています。「見る」「体験する」をコンセプトに、水素の特性や取り組みを紹介するシアター、水素充填の模擬体験コーナー、水素ステーションに関する模型等を展示し、水素を身近に感じていただけるスペースとなっております。

 

 

③ホンダモビリティソリューションズ㈱

Hondaの燃料電池自動車(CLARITY FUEL CELL)のカーシェアサービスを提供しています。Tsunashima SSTは、ホンダモビリティソリューションズ㈱が燃料電池自動車のカーシェアサービスを展開する唯一の場所となっております。Honda EveryGoのアプリから予約することで、どなた様も燃料電池自動車を体感いただけます。

 

 

Tsunashima SSTの見学ツアーでは、この度、水素の取り組みをよりわかりやすくご理解いただくために、ツアーのリニューアルを行いましたので、ぜひお越しください。

 

 

 

 

■見学ツアーの申し込みはこちらから

≪予約方法≫

 ※予約状況は営業日ベースの前日の状況を表示しています。
  空きと表示されている場合でもご期待に沿えない場合がございます。

 

 見学ご希望の方は、法人名、見学目的、見学希望日を記載の上、
 下記のアドレスにご連絡ください。
 ツアーデスク: tour@tsunashimasst.com

 ※ツアーデスク窓口は水・木・金09:00~17:30までの営業です。
  営業時間外・月火及び土日祝・ツアーデスク休業日に頂いたお問い合わせの
  返信にはお時間をいただいております。

 

 

■FujisawaSST見学ツアー

2月・3月の期間限定で1名様よりご参加いただける

プライベートツアー 特別受け入れキャンペーンを実施中

 

予約方法:以下詳細をご覧ください。

■特別受け入れキャンペーン 詳細

https://fujisawasst-tour.revn.jp/news/detail/30

■見学ツアーご予約サイト

https://fujisawasst-tour.revn.jp/

 

 

2021年10月14日

「綱島SST探究サマーラボ」の実証を行いました 

株式会社学研プラスと、東急株式会社、パナソニック株式会社の3社は、7月24日(土)~8月28日(土) の期間、夏季限定にて、子供たちが自発的に興味や疑問を持ったことについて自分で考えたり、調べたり、専門家に聞いたり、何かを作ったりしながら自ら気づきを得るプロジェクト型の探求学習「綱島SST探究サマーラボ」(以下「探究サマーラボ」)を開催いたしました。低学年コース、中高学年コース、プログラミングコースの3コースを開講し、合計27名のお子様にご参加いただきました。

 

探求サマーラボは昨年度も開催しており、パナソニックとしては、昨年度は、学習環境や仕事場環境として最適な空間を、映像技術を使って演出。様々な映像を空間に映し出すことにより、アイデアを創出できるような環境を構築する実証を行いました。


今年度は、子供たちの表情から感情を読み取り、満足度や困り度などを測定する実証を行いました。取得したデータは、授業の見直しや困っている子供への声がけなどに活かしていきます。

お子様向けの授業・創作・実験・自由探究活動用のラボ、大人の方向けのワークスペースのほかにもイノベーションスタジオには様々な仕掛けが施されました。

 

 

 

 

プログラム終了後のアンケートでは、
参加した保護者の95%が年間を通じてお子様を通わせたいとポジティブな意向であることや
「学校とは違う学びができた」といったお声も頂戴し、探究サマーラボ独自のプログラムへの関心・満足度が高いことがわかりました。

今後は3社で本実証結果を検証し、来年度以降の開催に向けて検討していきます

 

 

2021年8月19日

プラウドシティ日吉 住人様向けタウンツアーを開催しました!

Tsunashima SST参画企業の野村不動産は、Tsunashima SSTからほど近い距離で、「プラウドシティ日吉」の開発を推進しております。

Tsunashima SST周辺地域とのエリアマネジメント連携を目指し、今回は、「プラウドシティ日吉」にお住いの方々をツアーにご招待しました。

 

参加者からは

「おとなりの街ですが初めて知ることばかりでした」

「実証実験が興味深かったです」といったお声をいただきました。

 

これからも綱島SSTは地域に開かれた街として近隣住民のみなさまとの交流の機会を作っていきたいと思います。