Tsunashima SST

 トップページに戻る

NEWS ニュース

2017年3月15日

多様なエネルギーの活用に向けた水素ステーションが開業

Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン(以下Tsunashima SST)に、JXエネルギーグループが運営を行う「横浜綱島水素ステーション」が開業します。

「この街が、未来をつくっていく。Innovating the Future Together.」をコンセプトとするTsunashima SSTは、街に関わる企業や自治体が先進的な知恵・技術・サービスを掛け合わせてイノベーションを育み、より良い未来を求めて人々が集う、持続可能な街づくりを目指しています。

 

次世代エネルギーとして注目度の高い水素エネルギーの活用拠点となる「横浜綱島水素ステーション」の開業によって、太陽光発電などの再生可能エネルギー、都市ガスを用いて発電し廃熱を有効活用するガスコージェネレーションシステムなどと共に、多様なエネルギー活用の取り組みを加速していきます。


「横浜綱島水素ステーション」では、燃料電池自動車への水素供給を通じて水素社会づくりに貢献するほか、併設するショールーム「スイソテラス」にて、水素の特性や活用の取り組みについて情報発信をしていきます。また、透明な水素ガス火炎を検出するため、紫外線判別技術を用いた水素炎検知器を設置するなど、水素を安全に供給する新たな技術も取り入れています。将来的には、純水素燃料電池を用いて水素から発電した電気を施設内に供給する取り組みも検討していきます。

 

 

水素のあるスマートなまちづくりに向けて

 


Tsunashima SST協議会は、「新エネルギー等の利用率30%以上」をはじめとする街全体の環境目標の達成に向けた取り組みを進めるとともに、2018年に予定しているTsunashima SSTのまちびらきに向けてプロジェクトを進め、周辺地域とも連携を図りながら持続可能なくらし・街・社会の実現を目指していきます。

 

■横浜綱島水素ステーション外観

 

■3/15  開所式典 テープカットの様子

 

 

 

【関連サイト】

「横浜綱島水素ステーション」および併設ショールーム「スイソテラス」の開所について [JXエネルギー ニュースリリース]

Tsunashimaサスティナブル・スマートタウンに、多様なエネルギーの活用に向けた水素ステーションが開業[パナソニック  トピックス]